癒しの間

「現実を変えたい」と生きずらさを感じていました。そんな中『宇宙の法則』に出会い、そして、望む人生を生きるのに「良い気分で居る事以上に大切な事はない。」と知りました。

EMMAの世界 宇宙の法則 カルマ・幽界・アストラル界・輪廻転生 Saarahat(サアラ)さん 著名人

【サアラさんに学ぶ】『輪廻』牢獄地獄と輪廻システム。『幽界』について(2/2)【宇宙の法則】

投稿日:2019年10月5日 更新日:

なぜ地球人だけが『幽界』に行くのか?

『幽界』はアストラル界の一番低い領域(低層)にある世界です。

地球人が亡くなるとすぐ行くところで、地球人特有のものです。

他の天体で亡くなった魂には、『幽界』という世界はありません。

では、なぜ地球人だけが『幽界』に行くことになったのでしょうか?

それは、2,300年ほど前まで、地球がある巨大文明によって流刑地として使われていた時代があったからです。

地球は、まるで「宇宙のごみ捨て場」に様になっていたのです。

その文明社会の支配層にとって、地球は「理解力も好奇心もない人たちや、その社会で極悪非道とされることを犯した人たちを捨てる場所」でした。

といっても流刑に処された全員がそんな人たちだった訳ではなく、逆に、あまりにも優秀すぎて妬みを買い罪を着せられた人たちや、その社会の支配者たちにとって利益をもたらさない、公平な社会のために役立つしくみを提案したり、テクノロジーを開発したりした人たちも居ました。

要するに、送り込まれえて来た囚人たちは、大きく二分されます。


彼らの社会で厄介者とされる、手の施しようがない人たちと、ものすごく優秀は人たちの両極です。

そして、いずれにしてもその文明からは厄介者と思われている彼らの魂が、彼らのいる場所に再び戻れない(転生できない)しくみ「幽界」が作られました。

その結果、地球人は、肉体を失うと『幽界』に行ってそのままそこに閉じ込められるか、『幽界』からまた生まれ変わって、地球と『幽界』の間を行ったり来たりするか、どちらかの選択肢しかない、そういう時代が長く続きました。

今の地球はもはや流刑地でなくなっていて、本来還るべきマスターソウルへの道筋も用意されているのですが、それでもまだ多くの人が、亡くなるとそのまま『幽界』にとどまってしまいます。

「あの世」の本当のしくみ 人はどこからやってきて、どこに還るのか? 

『幽界』はどこにある?

『幽界』は、地球の上空や宇宙にあるのではなく、すぐそこにあります。

死んだあとで私たちが渡ると思っている三途の川や、天国や地獄も幽界にあるものなので、やはりすぐそこにあります。

生まれる前に、空の上からこちらを見ていた記憶がある人などもいますが、それは実は『幽界』で見た光景で、「空から見ているようなビジョン」を見せられていたにすぎないのです。

上とか下とかいう認識は、この物理的な肉体から離れるとずいぶん違うのです。

目で見ているわけではないので、高い所に上がらないですぐそばに居ても、見下ろしているような視界で見ることはできます。

前からも後ろからも天井からも机のしたからも、全方向から見ることができるのと同じです。

死んだら地獄に行くと思っていれば、地獄に行く。

地球人はこの『幽界』へ、生きていたときの価値観や概念をそのまま引きずって持っていきます。

寝ているときの夢と同じような状態で、それをもっとリアルにした世界と思っていただいていいでしょう。

寝て夢を見ている時、たとえば火事の場面なら熱いと感じるし、おいしいものを食べたらおいしいと感じますよね。

それと同じようなことが起きています。

生きていた時に地獄があると思っていた人は、そこで地獄の光景を見ます。

夢とは違ってもう死んでいますから、その状態から目覚めることはできません。

ですから、死ぬ前にどんな情報をもって行くかという事がすごく大事なのです。

どんな人生だったとしても、死んだ後に人生を振り返るプロセスが必ずあります。

でも、『幽界』で人生の振り返りをする場合は、ほとんどの人が強烈にジャッジされると思います。

それは自分自身の意識がそうだからです。

生きている間、ずっと評価社会に居たので、亡くなった後も自分を評価します。

その時に、いろいろな登場人物を自分の想念が作り出して、たとえば自分が創った神様に裁かれたりする訳です。

ですから天国と地獄というのも、地球にいる私たちの概念をそのままそこに持って行って現実化している様なものです。

死んだら地獄に行くと思っていれば地獄に行き、自分は幽霊になると思っていれば幽霊になります。

波動のしくみ: 魂の出会い 豊かさのひみつ 

『幽界』に一度入ると、自分の意思ではなかなか抜けられません。

次に抜けるのは、『幽界』の管理者に指示されて、輪廻のためにお母さんのお腹に入る時です。

しかし、マスターソウルの領域にあり、リハビリもしてくれるアストラル界とは違って、『幽界』では魂の中の情報をいっさい整理できません。

ですから魂は地球的な概念をもったままで再び地球に生まれて来ます。

どんな経験をしたいかという計画を自分で立てることも、あまりできません。

マスターソウルから来た時の計画を果たせないままなので、それ以前の人生と同じようなことを繰り返します。

そして、死ぬとまた『幽界』に戻ってくるのです。

このように、延々と繰り返される輪廻のしくみによって、地球人はマスターソウルに還れず、『幽界』に閉じ込められた形になっているのです。

本物のシフト 空(くう)なる叡智へ ダークアセンションから《光の種子》を救い出すために

 

《続きの記事》 【サアラさんに学ぶ】『輪廻』システムから抜け出す方法。『幽界』について。【宇宙の法則】

 



-EMMAの世界, 宇宙の法則, カルマ・幽界・アストラル界・輪廻転生, Saarahat(サアラ)さん, 著名人
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] ・【サアラさんに学ぶ】『輪廻』牢獄地獄と輪廻システム。『幽界』について(2/2)【宇宙の法則】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【浄化・除霊】『チャールズ式セルフ除霊メソッド(CSJM)』とは?やり方と、驚くべき変化について。

目次1 チャールズ式セルフ除霊メソッド(CSJM)とは?2 チャールズ式セルフ除霊メソッド(CSJM)の方法2.1 【略式方法】チャールズ式セルフ除霊メソッド(CSJM)2.1.1 《手順1》結界をは …

【EMMAのつぶやき】わたしはわたしで、娘は娘。気付かずに掛けてしまう親の期待。

わたしはわたしで、 娘は娘。 それは解っているつもりでした。   私の友達の薦めで、六歳の娘と英語のお教室に体験入学に行ってきました。 わたしの時は、中学生から英語の授業があったけど、今は小 …

2019年新年のご挨拶☆

  新年明けましておめでとうございます。 新しい年を迎え、皆さまどうお過ごしでしたでしょうか。 私は、年末と年始に、近所の氏神様へお参りに行かせて頂きました。 こちらは雪が沢山降りますので、 …

わたしの現実。全部自分がやってるんだな~の話。【宇宙好きが薦める宇宙本】わたしのバイブル『神様とおしゃべり』【EMMAの宇宙話】

今月、ほぼほぼ仕事をお休みしてます。 というのも、3週間前は1週間娘のインフルエンザで。 その後息子が4日間高熱を出し、風邪かとおもいきや、検査をしたらマイコプラズマ肺炎でした。 そんなこんなで、こう …

【わたし的神回】人ってホントに変われるよ。~ハッピーちゃんが言ってる事を実践して半年【宇宙の法則】

こんにちは。Marika☆です。   このブログを始めて半年、   happyちゃんと出会って半年、   宇宙理論を実践し始めて半年経ちました☆   現実がグチ …

【profile】


Emma(エマ)

・1985年千葉県に生まれる。物心つく頃から、目には見えない存在や、精神的な物に興味があった。

・ブロガー、治療家、セラピスト。

・リンパケアセラピスト
・アロマテラピスト
・臼井靈気サードディグリー修了

・カフェオレと、エネルギーの話が好き。

・エンパス(HSP)体質。エネルギーを敏感に感じとりやすい性質を持つ。

32歳で『宇宙理論』に出会い、『全てはエネルギーである。』と言う言葉に衝撃を受ける。
人生の転機を迎える。

ある時、瞑想の中で『愛、調和、癒しを伝える為に来た。』と悟る。

靈気、統合、ブロック解除、CSJM(チャールズ式セルフ除霊メソッド)等により、自分の中の何かが解放されていき、上手く行かなかった事が、次々と好転し始める。

『自分の人生は全てエネルギーで創造する事ができる。』
と言う事をトライ&エラーで体感し続けてきた。
そして、人生の事柄がスムーズに運ぶようになり、一つ一つ願望を叶え続けている。

私の様に人生が生きづらいと感じている方に、この方法を伝えたい。

表示数

past articles