癒しの間 ~地球であそぼ~

苦しい現実を変えたいと願っていた私は、『宇宙の法則』に出会いました。そして、望む人生を生きるのに「良い気分で居る事以上に大切な事はない。」と知りました。自由に、日々の学びや、感じたままを発信しています。

〓自己啓発📗

【manablogマナブさんに学ぶ】成果を出したいなら、日常をルーティーン化する

投稿日:2019年8月16日 更新日:

成果を出したいなら、日常をルーティーン化(=日常を固定化する)


なぜこれが良いか。⇒ 迷いが消える。

会社に出勤する、ごはんを食べる、歯を磨く、これらの行動はするかしないかと迷う事はない。だいたいの人がルーティーン化されている。

何か成果を出したい領域(例えば:ブログ 等)を決めたら、歯磨きレベルでルーティーン化すれば継続出来る。

例えば、

  • 朝起きたらブログを書く。
  • 出勤中に音声読書をする。
  • 風呂から出たらずっと読書をする。

ルーティーン化のコツは、何かとセットで行うことが大切。

いつやるか迷いわない為。日常の作業に組み込ませる。

そのタスクだけに集中する。(~しながらをしない。)

  • 音楽を聴きながらブログをかかない。
  • 出勤中は音声読書以外なにもしない。
  • お風呂からでたらスマホとかいじらないですぐ読書に集中する。

60日から90日続けると、結構な確率でルーティーン化できる。

ルーティーン化=習慣化

何か達成したい目標を日常に組み込んでしまう。

すると、嫌でも毎日するようになるし、成長が早くなる。

時間が無いという人は言い訳

会社が忙しい、学校が忙しい、時間がない、

時間無くても会社に行く。

時間なくても学校に行く。

時間なくてもごはん食べる。

時間なくてもスマホいじる。

時間が無いと言っている人は、意識が足りてない。

みんな24時間という時間を同じ様に与えられている。

【まとめ】ルーティーン化する上で大切なこと

①そのタスクをシングルタスクでやること

×ブログ書きながらSNSを見る

×読書しながらテレビを見る

2つんこ事を同時にやると、結局集中が出来ないので、一つ一つきっちり終わらせるのが大切

②強制的に集中できる環境を作る

例えば、

  • 読書だと、飛行機内だと集中して読書できたりする。 ⇒ WiFiが無いからスマホがあっても出来る事に制限がかかる。 ⇒ 集中できる。
  • 新幹線の中で、移動する時に集中して記事が書ける。
  • 読書する ⇒ お風呂上がるまでスマホOK。お風呂上がったら携帯機内モードにする。 ⇒ スマホを制限 ⇒ 集中できる環境を作る。

最初の頃は『スマホみたいな』って中毒性みたいなものが出てしまうけど、30日~60日継続すれば問題なくなる。

 

考えてみたらスゴイ話!!

【例えば】

「お風呂上がったらWiFiの電源を切る。」をルーティーン化すると。。

 

お風呂上りは強制的にスマホをいじらなくなる。

空いた時間でずっと読書する。

人生に、今日から切り替えてしまえば、読書家の人生を歩める。

 

一時間×30日=1ヵ月30時間

 

毎月5冊本を読めるとすると、年間60冊読める。= 相当な読書家になれる。

お風呂上りにWiFiを1時間OFFにするだけでOK!!シングルタスクで、ひたすら読書に集中する。

めちゃくちゃ簡単!

 

③大切なのは行動とセットでルーティーン化する。

 

お風呂に入る ⇒ WiFiを切る ⇒ 読書する

ルーティーンを日常に組み込むと習慣化できる。

 

 

 

-〓自己啓発📗
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

《プロフィール》

【プロフィール】

EMMA(エマ)

1985年生まれ。セラピスト。ブロガー。

美味しいカフェオレと宇宙が好き。

夫。娘。息子。4人家族。

内的には『エンパス体質』を持ち、ネガティブな感情を敏感に感じとってしまう性質があった。

物心つく頃から生きづらさを感じ、自己愛を見出せず自己否定を繰り返す。

人生の極限を迎えた32歳、『宇宙理論』に出会い、本当の自分を思い出していく。

“前世の記憶”や、“スターシード”である事、そして『愛と調和を伝える』為にこの地球に転生して来ている事を知り、活動を始める。

 

自分自身を思い出していく事で、自分の抱えていた内的な苦痛が無くなって行き、生きている事への喜びを感じる様になる。

 

経験や、学び、感じた事を自由にブログを通して発信しています。

必要な人々に届きます様に。愛を込めて。

♡past articles♡

♡Category♡