癒しの間 ~地球を遊ぼう~

「現実を変えたい」と生きずらさを感じていました。そんな中『宇宙の法則』に出会い、そして、望む人生を生きるのに「良い気分で居る事以上に大切な事はない。」と知りました。

EMMAの世界

『傷つく』っていうのは、本人の問題!?

投稿日:2019年9月1日 更新日:


 

目次

チヒロ☆なう 2019第13回 フランスの巻②

『正直に行こうよ♪』

ウソは要らない。

素のままで☆ありのままで☆

フランス語って美しいんですよ。(並木さんは、フランス語を第二外国語にしていたんですよ)

十年前にパリに来た時には、まだちょびっと話せたんだよね。

流暢なフランス語は美しいです。

サンテ!!(乾杯)

 

『傷つく』っていうのは、本人の問題

自分の立ち居振る舞いをいい意味を改めて行くというか、自分の今までの在り方というのが、

ほんとうに100、完全に自分に一致していたのか、とかね。

例えば、『バカ!』って思ったとしますよね。

でも、『おバカ』って言った時に、『バカ』って言ってるんだけど、ちょっと違うんですよね。

(『ばか』と思ったのに、『おばか』と言ったら、『ばか』と思ったことを、そのまま100表現していないことになりますね。だって、『ばか』と『おばか』は違うもんね。)

『ばか』って感じたら『ばか』って言っていいんですよね。

極端な言い方をするとね。

僕の喉の再編成と言うのはですね(喉に関わる過去生があり不調があった)、そこに今向かって居る訳ですよ。

人様に伝えていくという時に、メッセージの内容は変える事は無いんですが、言い方を工夫したり、言い方を変える事があったりします。

言い方を工夫することは大事ではあります。確かに。

だけど、もっとありのままに伝えてもいいんですよね。ストレートにね。

それで傷付いてしまう。

でもほんとうはね、それは、気つけるような音を出していなければ、傷つかないんですよ、人って。
つまり、ほんとうに100一致した音で表現をすると、人を傷つけることって、実はないんですね。
その音に、摩擦のエネルギーや、粗さがないからなんですね。
尚且つ、『傷つく』っていうのは、本人の問題なんですよね。

もし、僕が誰かの一言で傷ついたって感じた時、その人は関係ないんですね。

その人が言った言い方も実は関係無いんです。
自分の中に、『傷つけられる』という周波数を持っていたので、『傷つけられる』という体験をしただけなんです。

これに気付くことが、目を醒まして生きて行くってことなんですよね。

100も承知なのにも関わらず、言葉を工夫してしまう。

 

『許すこと』と『甘やかすこと』は違う

人に対して、その人を甘やかしてしまう様な、そういうエネルギーに気付いたんですよね。

『許すこと』『受け入れること』と『甘やかすこと』は違うんだよ。

ストレートな言い方をしないと人って解らない事があるんだよって言われた時に、自分の事を振り返ってみてもね、

『こんなクソみたいな人生』って言った時、『言い方悪くない?』って思うかもしれないけど、

僕たちは、『クソみたいな人生』って思わず言ってしますような人生を生きる様な存在ではないんですね。(わたしたちは、『しあわせ』にあるために生きています☆)

本来の僕たちは、完全な存在で、ほんとうに100満たされて良くて、豊かであって良くて、幸せであって良くて、調和が取れていて、平和であっていいんですね。
でも、こんなクソみたいな人生って言いたくなるような人生を生きているっていうのは『不自然なことなんだ』ということに気付かなくてはいけないんですよ。

その位辛辣に言わないと、それがいかに異常な事なんだって気づけない事があるのね。その為に言うんですよ。簡単に言うと。

それを僕の過去生は言って来たんですね。

僕表現することはするんですけど、その表現の仕方では通じない、解らないということもあるんだよ。っていう事なんですよね。

いう事をガマンすることな無いです。

 

女性性と言うのは、無条件の愛、許し、受容。

無条件の愛って言うのは、とても難しいことだと言っていましたけど。

許して受け入れると言うのと、甘やかすことは違う。
いつか解ってくれるはずとか、察して欲しいとか、言わなきゃ解らない。

 

フランスのエネルギー『誇り高い』

フランスの高いエッセンスに触れると、僕たちはみんないい部分って持ってる。みんな悪い部分って持ってる。

つまり、光の部分、影の部分、陰の部分、陽の部分、プラスの部分、マイナスの部分、ポジティブな部分、マイナスな部分って誰もが、どこの国もが持っているんですけど、

このフランスのポジティブな側面に繋がると、『誇り高く』なれるんだよね。

『誇り高い』って言うのは、尊大になるってことではなくて、自分という存在を、ありのままに認めて、『これでいい』って開示出来るようになること。

フランスにはそうゆうエネルギーがあります。素敵だよね。

。。。

 

だって『今』しかないんだから!

同じ事を話しても、今のエネルギーと明日のエネルギーでは違うんだよ。

伝わり方も、感じ方も違うんだよ。

言い方を変えると、全く同じシチュエーションで、全く同じ話をしても、今日と明日は全然違うんだよ。

だって、今日と明日の自分は全く違うんだよ。

明日は来ないかもしれない訳でしょ。笑

 

今!感じることを、今!表現してください。

 

一ミリたりとて嫌な事は言わない事にしました。

だから、逆に言いたいことは言ってしまいます。

気が乗らないけど、サービスで言ってみようかなみたいなさ。

もう、致しません。

自由に発言して、自由に表現しましょう。

『自由』さ大事☆

豊かさって『自由』なんだよね。

皆さんはね、どこまでも自由になっていいですよ。
僕たちはどこまでも豊かな存在で、どこまでも自由な存在で、どこまでも制限のない無限な存在なのね。

そういう自分を生きる。そういう人生を生きる。と決めないと。ね。

【並木良和さんの本】

ほら起きて! 目醒まし時計が鳴ってるよ

みんな誰もが神様だった

目醒めへのパスポート 本当のあなたを憶い出す、5つの統合ワーク (アネモネBOOKS)

 

-EMMAの世界
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【武田先生に学ぶ】4/2時点で自粛は必要ない理由。

【武田先生に学ぶ】4/2時点で自粛は必要ない理由。

【本田健さんに学ぶ】コロナ、東京オリンピック、これからの経済。対策。

【本田健さんに学ぶ】コロナ、東京オリンピック、これからの経済。対策。

【覚醒映像】『覚醒』するってどういう状態?判断基準。※閲覧注意【有馬薫さんのお話】

覚醒するってどういう事?覚醒したらどうなるの? 覚醒は人によってどういう状態というのは違います。 有馬薫さんのお話を参考にまとめてみました。 目次1 【覚醒体験】『覚醒』の仕方は人によって様々1.1 …

【レイキ(靈氣)体験談】アチューメント後の変化。

現在、臼井レイキのセカンド・ディグリー終了者です。 私は、普段セラピストで、人の身体に触る仕事をしているのですが、 とても好きな仕事で、楽しさの反面、1日数人のエネルギーと交わるせいか、仕事が終わると …

【インドのakikoさんに学ぶ】『小学3年生の宇宙人、エネルギーの感覚、高次元やアセンデットマスターに助けて貰う』

目次1 小学校3年生の宇宙人について2 高次元とかアセンデットマスターに助けて貰う3 どんな人にも神様はついてくれるの?4 エネルギーの感覚。記憶。5 信長の生まれ変わりが、10人? 小学校3年生の宇 …

【profile】


Emma(エマ)

・1985年生まれ。

・ブロガー
・リンパケアセラピスト
・アロマテラピスト
・臼井レイキサードディグリー修了

・カフェオレと宇宙が好き。

・エンパス(HSP)により、エネルギーを敏感に感じとりやすく、物心つく頃から生きづらさを感じる。

32歳で『宇宙理論』に出会い、『すべてはエネルギー』と知り、人生の転機を迎える。

ある時、瞑想の中で『愛、調和、癒しを伝える為に来た、スターシードである。』と悟る。

レイキ、統合、ブロック解除により、だんだんと心が解放される。

♡past articles♡

♡Category♡