癒しの間

「現実を変えたい」と生きずらさを感じていました。そんな中『宇宙の法則』に出会い、そして、望む人生を生きるのに「良い気分で居る事以上に大切な事はない。」と知りました。

EMMAの世界 他(スピリチュアル)

【EMMA日記】ばあちゃん。

投稿日:2021年9月26日 更新日:

うちのばあちゃんは、肺がんで死んだ。

検査をしていたんだけど、なぜか何も見つからず、死ぬ間際になって入院した病院で、末期の肺がんだと言われた。

それまでに、違う病院でいろんな検査をしてきたはずなのに、末期のガンが見つからないなんて不思議だった。

 

「息をするのが苦しい。」って最後言っていたけど、結局ばあちゃんは自分がガンだって知らずに死んだ。

 

ばあちゃんは、若いころ自分で飲み屋をやったりして、たくさんお金を稼いで、たくさん貯金をしたと言っていた。

そのお金を、人にたくさんあげたりしていた。

 

普段から、よくばあちゃんはお小遣いをたくさんくれた。

私が20代になって一人暮らしを始めて、時々実家に帰ると、帰り際に2万とか、3万とか、ばあちゃんに小遣いをもらった。

 

ばあちゃんは、何かと言うと、お金を配ってた。

病院の看護婦さんとか、近所の人とか、世話してくれた人とか、何かのお返しとか、貰ったもの以上に返してた。

 

ばあちゃんは、私を本当に可愛がってくれた。

私には、「何をやっても(あげても)惜しいと思わない。」とばぁちゃんが言ってくれた言葉に愛を感じた。

 

私が小学校の頃から、母はフルタイムで働きに出ていたので、学校から帰るとばあちゃんがおやつを買って待って居てくれて、

「ただいま~。」と帰ると、ばあちゃんからおやつをもらって、すぐ2階にあがってテレビを観ていた。

 

ばあちゃんは下で夕飯を作って居た。

ばあちゃんのごはんを食べる時、「うまい。」と言うとばあちゃんが喜ぶのを知って居て、毎日「うまい。うまい。」と言った。

 

幼稚園くらいの頃、よくばあちゃんと少し離れたところにある、今でいうアリオみたいな、食品とか、服とかの店が入っているところによく買い物に行った。

ばあちゃんは私を連れてよく出かけた。

 

そこの1階にアイスクリーム屋さんがあって、

コーンの上のソフトクリームに、トロトロに溶けたチョコレートの中につけてコーティングしてくれる。

それで、カラフルなトッピングを乗せてしてくれる。

そんなアイスクリーム屋さんがあって、ばあちゃんがそこでアイスを買ってくれた。

 

36歳になった今でも、ばあちゃんにアイスを買ってもらったシーンをよく思い出す。

そんなばあちゃんは、私が2人目を妊娠してもうすぐ出産という時に死んだ。

 

2人目が生まれるのを楽しみにした。

でも、生れる前にばあちゃんは死んでしまった。

 

あのばあちゃんが死ぬなんて。

私を溺愛して可愛がってくれたばあちゃん。

 

ばあちゃんが死んだと知らせを受けて、実家へ向かう時、車の中で大声で泣いた。

 

愛してくれた。

 

だけど、時々、自分の息苦しさをばあちゃんのせいにした。

 

ばあちゃんは、私に怒った事がなかった。

 

私が、万引きを疑われた時も、私のことを信じて疑わなかった。

 

私をほんとうに可愛がった。

 

私は本当に愛された。

 

生きている時には、いろんな事を思ったりしたけど、今はもう、愛されていた事にか覚えてない。

 

ばあちゃんの存在は大きかった。

 

良いことも悪いことも。

 

でも、死んだらなぜか愛しか残らなかった。

 

今思うと、ばあちゃんをもっと愛せたかもしれない。と思う時がある。

 

もっとしてあげられる事があったのかもしれないと思ったり。

 

でも、その時はそれが精一杯だったんだと思う。

 

死んだ後は、寂しくて、いろんな後悔が過ぎったりしたけど、

 

魂はこの世で終わりじゃなくって、ずっと続く。

 

良く死んだ人が近くに居る様な気がすると言う人が居るけど、

それと同じで、きっと意識を向ければその人は居るんだと思う。

 

だから、時々ばあちゃんを思って、話しかけたりする。

「ありがとう。」と「愛してるよ。」と言ってみたりする。

 

ばあちゃんは静かに聞いて笑ってる。

 

生きている人も、生を終えて帰った人も、みんな繋がっている。

 

見えないけど、エネルギーで感じる事が出来る。

 

私たちが見えている世界なんて、小指の先くらいちいさなもの。

 

本当は、もっともっと壮大。

 

愛で生きて、愛で死んでいく。あっちに行っても愛。

 

たぶん全部、愛なんだと思う。

 

私たちがそれを求める様に出来ているって事は、その世界があるって事なんだと思う。

 

だから、たぶん宇宙は愛で出来ているんだと思う。

-EMMAの世界, 他(スピリチュアル)
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【Emma日記】どこに居ても幸せになる。都会から田舎に来て思うこと。

今日はコメダに来ています。 いつもスタバに行く事が多く、なかなかこちらに来なかったので久々だ。 コロちゃんが流行ってから、駐車場が目につく場所は何となく人目があり行きづらくなって、 あんなに大好きなス …

【わたしは『エンパス体質(能力者)』】『エンパス』って何?しんどい『エンパス』の解決法。体験談。

目次1 エンパスって何?2 エンパスに見られる6タイプ2.1 タイプ①身体直観型2.2 タイプ②身体ワンネス型2.3 タイプ③感情直感型2.4 タイプ④感情ワンネス型2.5 タイプ⑤知的変容型2.6 …

私は限りなく自由な存在だった!自由であるという喜び。【宇宙の法則】

おはようございます。EMMAです。 皆さんいかがお過ごしですか? 今日もこうしてブログを通して発信できる自由に感謝致します。   私は自由を求めて来ました。 満たされない気持ち、窮屈な気持ち …

【EMMAのつぶやき】もう自分の心を置き去りにしない。

  やきもち。 ライバル意識。 顔色がおかしかった。 エネルギーが重い。 心地良くないエネルギーを人から感じた。 その気持ちを自分も、相手に感じていた。 やきもち。 ライバル意識。 自分が誰 …

アセンション前に起こる?謎の体調不良の体験【宇宙の法則】

目次1 アセンション前の体調不良とは2 私の謎の体調不良について3 対処法4 まとめ アセンション前の体調不良とは 今、体調不良を経験されている方。それはアセンション前に、肉体が新しい時代に同調してい …

【profile】


Emma(エマ)

・1985年千葉県に生まれる。物心つく頃から、目には見えない存在や、精神的な物に興味があった。

・ブロガー、治療家、セラピスト。

・リンパケアセラピスト
・アロマテラピスト
・臼井靈気サードディグリー修了

・カフェオレと、エネルギーの話が好き。

・エンパス(HSP)体質。エネルギーを敏感に感じとりやすい性質を持つ。

32歳で『宇宙理論』に出会い、『全てはエネルギーである。』と言う言葉に衝撃を受ける。
人生の転機を迎える。

ある時、瞑想の中で『愛、調和、癒しを伝える為に来た。』と悟る。

靈気、統合、ブロック解除、CSJM(チャールズ式セルフ除霊メソッド)等により、自分の中の何かが解放されていき、上手く行かなかった事が、次々と好転し始める。

『自分の人生は全てエネルギーで創造する事ができる。』
と言う事をトライ&エラーで体感し続けてきた。
そして、人生の事柄がスムーズに運ぶようになり、一つ一つ願望を叶え続けている。

私の様に人生が生きづらいと感じている方に、この方法を伝えたい。

表示数

past articles