癒しの間

「現実を変えたい」と生きずらさを感じていました。そんな中『宇宙の法則』に出会い、そして、望む人生を生きるのに「良い気分で居る事以上に大切な事はない。」と知りました。

EMMAの世界 CAFE 結婚・子育て・生活 他(スピリチュアル)

【Emma日記】どこに居ても幸せになる。都会から田舎に来て思うこと。

投稿日:2021年5月25日 更新日:

今日はコメダに来ています。

いつもスタバに行く事が多く、なかなかこちらに来なかったので久々だ。

コロちゃんが流行ってから、駐車場が目につく場所は何となく人目があり行きづらくなって、

あんなに大好きなスタバも、今やドライブスルーを利用する事が多くなった。

 

これって、都会に居る時は全く感じなかったが、

田舎で、かつ車社会だと、停まっている車で、『あの人はあそこにいた。』とわかってしまう。

田舎あるあるがある様に思う。


 

田舎も、都会も、住みやすい面も、そうでない面も両面ある。

 

今は、こちらの生活に馴染んでは来たが、四年前、田舎に越して来た時には、正直都会生活に慣れ親しんできた私には、いろんなしんどい面があった。

 

こちらのコメダちゃんは、近くにスーパーがあり、駐車場が大きく、人目を気にせず入る事が出来るのでなかなかいいな。

席も、丁度死角になり人目を気にせずゆっくりできる。

 

わたしはどれだけ人から隠れたいのだろう。

余程、人目に疲れているようだ。

 

周りの人の、『こうすべき、ああすべき』は、やはり私には息苦しい。

 

都会のように、周りを歩いても知らない人ばかりとはならず、

周りを歩けば知り合いに会う。

そんな感じで、いつも周りに目を光らせているような感じだ。

 

休みの日くらい一人で、ゆっくり休みたい。

 

束縛が嫌いで、自由人なわたしが、人に合わせて生きていくのはしんどい。

都会では、ある程度個性的な格好をしていても、その人の自由や、個性はある程度受け入れて貰えるが、

田舎ではそんな訳にはいかない。

一気に噂になり、周りと同じである事や、

調和を重んじられる。

 

だからと言って、田舎が嫌いな訳ではない。

今まで生きてきた環境が変われば、住みにくさも感じる。今までの生活の楽しみ方や、習慣が違うことがあるから。

 

そこで私が見つけた田舎の良いところ。

それは、心をよく見つめる様になったと言うことだ。

 

都会は物が沢山ある。服が欲しければ、数々ある店から選べない程たくさんの選択肢の中から、決めきれないくらい物が溢れている。

周りを見渡せば店ばかり、夜になっても光が消える事はないし、街は休まず動き続ける。

そんな中で、いつも外側を見続けていた。

 

外側、見た目、容姿、ネオン、街、光、目で見る刺激がたくさんあった。

わたしはそれが楽しみではあったが、

 

反対に、なかなか内側をじっくり見つめることは少なかった。(私の場合)

 

こちらに来て、好きな服のブランドがない、夜になれば店は閉まり暗くなる、山々や、星空を、こんなに味わう事がなかった。

都会にいれば星よりもネオンが見えるから。

 

そんな中で、好きな服を見にブラブラと歩き回る事が少なくなり、自然溢れる公園に行くようになり、緑を見るようになり、空を見るようになった。

慣れない生活や、今までとは違う習慣に、馴染んでいこうと試行錯誤しながら、悩み、

いろんな気持ちを通過しながら、

自分の心の中にある、隠していた物が炙り出されて行くようだ。

田舎に来て、今までの環境と違う場所に来て、心を見つめざるを得なくなった。

 

結論、何が言いたいかと言うと、良い言葉を使えば、幸せは結局自分次第であると言うことで。

どこにいても、自分の心次第で、楽しくもなれば、苦しくもなって、

苦しむと言うことは、自分の中にある、思い込みとか、決めつけとかの固定概念なよる物で、

それが現実に出てくる時に、ひとつひとついらないなら変えて行く。

自分が楽な考え方に変えて行く。

それをする為に、環境を変えて違う経験をする事は、自分のいらない概念を炙り出すのには有効であると言うこと。

 

かなり苦しいがな。

 

そうやって、経験して、どんだけ置かれた環境で楽しめるか、自分を試してるのかもしれん。

全て自分が作ってるゲームなのかもしれん。

 

解らんけど。

うちの家にツバメちゃんが巣を作った。

はじめは玄関に作っていたのだが、流石に玄関前にう○こを落とされるのは大変とおもい、攻防戦を数回繰り返したが、

ある日帰って来たら、今度は駐車場に、すでに巣が完成し、住み始めていた。

ツバ吾郎の根気に根負けし、彼にも妻がいて、これから雛が産まれ、守る家族が出来るのであろうと思い、共存する事に決めた。

 

ツバ吾郎を思えば、う○こを落とされる事など、水を流せば良いだけで、大した事のないように感じた。

ツバ吾郎にエールを送るまでになって来た。

 

今では、ツバ吾郎たち夫婦に、いつ雛が産まれるのか、我が家の親戚の様に感じ、子ども達と楽しみにしている。

-EMMAの世界, CAFE, 結婚・子育て・生活, 他(スピリチュアル)
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

幸せな人は意地悪をしない。

幸せな人は意地悪をしません。 嫌な想いをした時、自分を責めないでいい。 自分が悪いからと思わなくていい。   相手の心の中に、恐怖や不安がある事に気付いてみよう。   仲間外れにな …

結婚、離婚、パートナーシップ、親孝行について【宇宙の法則】

目次1 ボラボラ島のエネルギーと日本との繋がり2 結婚、パートナーシップについて2.0.1 『しあわせ』という一番の根本は、自分自身がどうあるかという事であって、誰と一緒にいるか、どういう形を作ってい …

カルマとは。罪悪感、無価値観は誰が植え付けたのか。幽界とアストラル界。宇宙の仕組み。【宇宙の法則】

目次1 『カルマ』とは2 『罪悪感』『無価値観』と言うものを彼ら(ET)が僕たちに植え付けたんです。3 「因果応報」とう考え方4 宇宙は『イエス』しか言えない 『カルマ』とは 『カルマ』というのは、大 …

【Emma日記】自分を一番大切にする練習。

ちょっと寄り道。 ぶらぶらスタバのドライブスルーへ。 スタバのラテに、アーモンドトフィのシロップを追加するのがすき。 でも、今日は切れていた様で、バレンシアシロップとやらにしてみました。 これもこれで …

【EMMA日記】母になって感じた。子育てと仕事の両立の難しさ。

  結婚して6年。 子どもが生まれて5年。 子どもを保育園に預けて仕事をする様になって3年。 子どもを産んで、母としての初めて体験を沢山させて貰ったけど、 どんなに頑張っても「難しいなぁ~」 …

【profile】


Emma(エマ)

・1985年千葉県に生まれる。物心つく頃から、目には見えない存在や、精神的な物に興味があった。

・ブロガー、治療家、セラピスト。

・リンパケアセラピスト
・アロマテラピスト
・臼井靈気サードディグリー修了

・カフェオレと、エネルギーの話が好き。

・エンパス(HSP)体質。エネルギーを敏感に感じとりやすい性質を持つ。

32歳で『宇宙理論』に出会い、『全てはエネルギーである。』と言う言葉に衝撃を受ける。
人生の転機を迎える。

ある時、瞑想の中で『愛、調和、癒しを伝える為に来た。』と悟る。

靈気、統合、ブロック解除、CSJM(チャールズ式セルフ除霊メソッド)等により、自分の中の何かが解放されていき、上手く行かなかった事が、次々と好転し始める。

『自分の人生は全てエネルギーで創造する事ができる。』
と言う事をトライ&エラーで体感し続けてきた。
そして、人生の事柄がスムーズに運ぶようになり、一つ一つ願望を叶え続けている。

私の様に人生が生きづらいと感じている方に、この方法を伝えたい。

表示数

past articles