癒しの間 ~ゆるゆる ごきげん~

「現実を変えたい」と生きずらさを感じていました。そんな中『宇宙の法則』に出会い、そして、望む人生を生きるのに「良い気分で居る事以上に大切な事はない。」と知りました。

EMMAの世界

【Emmaの世界】わたしは学校が嫌いだった。

投稿日:


 

3月になって、娘が今年から小学校。

私は正直、ウキウキよりも、変化への不安。心配のが大きい。

少しウキウキしてるかな?くらい。

 

『学校』と聞いた時。

心がモヤモヤするのはなんでだろう。と考えてた。

 

私の学校生活。どんなだっただろう。

 

小学校の時。比較的、友達と遊んだり、楽しい事が多かった記憶がある。

友達関係も、何かには悩みはあったかもしれないけど、仲良しの友達が居る事も、居ない事もあって、

でも心は自由で、その時好きな人と遊んで、自分の世界も比較的守れていた。


 

でも、子供特有の、残酷な言葉に嫌な想いはしてた記憶もある。

キツイ言葉とか、3人組の中の地味な仲間外れみたいなものとか。

子ども特有の残酷さみたいなものに、傷付く事はあった。

 

小学生の時は、まだ純粋な子供の心があって、一人で居たければ一人で居たし、友達と遊びたければ楽しく遊んだ。

自由だった。

大人の固定概念に不満を持つこともなく、ただ純粋に、心は自由だった。

 

 

中学生になって、他の小学校からも人が合わさって、比較的私が行っていた小学校は平和でのほほんとしていた事に気付いた。

その小学校の雰囲気みたいなものがあるのに気づいた。

 

中学校になって、ピリピリとした雰囲気を感じていた。

仲の良い友達は不登校になったりした。

また男の子の中に、目立つちょっと悪ぶっている子達?のグループと、目立たない地味な子?達のグループに分かれて、なぜか、ちょっと派手な子たちが『かっこいい』みたいなイメージになっていて、謎の格差みたいなものがついていた。

 

それの中に居るとステイタスみたいなのがあって、

でも、その中に居ない子の方が、私は、優しかったり穏やかな雰囲気で話しやすかったりして、

謎のグループ分けに、居心地の良さはあまり感じていなかったし、疑問だった。

 

学校が一つの大国みたいだった。

強い人が権力を持ち、弱い人はバカにされたりしてた。

 

女の子は比較的穏やかだった気がするけど、本当の親友みたいな人はいなかったと思う。。

 

中学校は辛かった。

放課後になって『部活だ!』と張り切っていたら、頑張る事がカッコ悪いみたいに思っている子が居て、バカにされて笑われたのを覚えてる。

前日まで、好きと言ってくれていた男の子がいた。ある日告白してくれたけど、お付き合い出来ないと言ったら、翌日から、その男の子の友達にプリントの自分の名前が載っている所を破られたりして、しばらく嫌がらせみたいな事をされた事もあった。


 

学校に通っていて、

愛ってなんだろうって思う様になった。

大人になると無条件に愛を持っているのだと思っていた。

 

でも、大人は完璧な愛は持っていなくて、私に対していろんな事を教えてくれる先生や、周りの大人の全てが、私を無条件の愛で愛してくれてはいないのだと気付いた。

 

子どもの頃は、完璧な愛があると思っていた。

 

思春期、10代。

いろいろあった。

 

弱肉強食みたいな時代だった。

 

自分の中で、集団行動の不快感を沢山感じた。

『思春期』と言う言葉があるけど、子供の残酷さや、大人の残酷さも沢山感じた。

 

繊細すぎた自分。

 

平和が良かった。

みんな仲良くしたかった。

穏やかが好きだった。

 

でも、傷ついたり、傷付けたりした。

 

傷付いたり傷つけたりしたくないけど、そんなつもりはないけど、たくさんの人の中で、結果的にそうなってしまう事がある。

自分も、周りも、みんな違うから。

 

今は、自分はエンパスだったと気付いて、周りの情報を感じすぎてしまう事で疲れてしまって居た事がわかった。

現に、『学校が楽しい。』と言っている人も居た。

 

自分の子供には、自分の様に傷ついて欲しくないと思う。

でも、傷ついて来たから学んだ事もあって、人の痛みを知ったこともあって、今の自分が出来た事もあって、、、


 

そんな経験をしながら、自分の好きな物は何か。嫌いな物は何か。居心地の良い場所はどこか。どう生きたいのか。

選んで行くのかもしれない。

 

だけど、子供はエンパスじゃないといいな。と思ってします私がいます。。。

しんどすぎた。

 

だけど、風の時代になって、もっともっと自由に、軽く生きていけるはず。

子ども達も、もっともっと自由に、軽く、好きな事をして楽しく自分を生きて欲しい。

-EMMAの世界
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【Emma日記】一週間ダイエット始めます!!(オートファジー編)

ダイエット始めます! この1ヶ月、少しずつ少しずつ体重増加が。。。   思い当たる事はたくさん。。。 夜中のラーメン。ポテチ。チョコ。。。 そりゃ体重増えるよな。   はい! 今か …

【Emma日記】ダイエット6日目(オートファジー編)

オートファジーダイエット6日目。 今日も、AM10時でちょうと16時間。 11時ころまで何も食べず忍耐。。。   11時半頃、オートミールとやらを牛乳とお砂糖をかけて食べました。 食物繊維と …

【EMMA散歩】CAFE 松倉山荘さんに行って来ました。

昨日の続きになりますが、マッサージ後、ずっと気になっていたカフェにランチしに行って来ました。 隠れ家のようなカフェでした。 【EMMA散歩】『CAFE 松倉山荘』さんに行って来ました。 大通りから外れ …

【Emmaのつぶやき】悩み事・心のごちゃごちゃをスッキリさせたい時!私がやっている対処法。

一人の時間が好きです。 自分の心が雑念でごちゃごちゃしている状態だと、私の出す波動から現実が創られるので、現実までごちゃごちゃとして来ます。 目次1 心がごちゃごちゃしてると現実にもでる2 心をスッキ …

【宇宙理論】『ママからここちゃんへ』(1)はじめのお話

☆【宇宙理論】『ママからここちゃんへ』は、私のちいさな娘と息子に対して、解りやすく『宇宙の法則』を伝え、地球で“楽”に“幸せ”に生きられる様にと願って書き始めた、地球の取説(取扱説明書)の様な、ママか …

【profile】


Emma(エマ)

・1985年生まれ。

・ブロガー
・リンパケアセラピスト
・アロマテラピスト
・臼井レイキサードディグリー修了

・カフェオレと宇宙が好き。

・エンパス(HSP)により、エネルギーを敏感に感じとりやすく、物心つく頃から生きづらさを感じる。

32歳で『宇宙理論』に出会い、『すべてはエネルギー』と知り、人生の転機を迎える。

ある時、瞑想の中で『愛、調和、癒しを伝える為に来た、スターシードである。』と悟る。

レイキ、統合、ブロック解除により、だんだんと心が解放される。

♡past articles♡

♡Category♡