癒しの間 ~地球で遊ぼう~

苦しい現実を変えたいと願っていた私は、『宇宙の法則』に出会いました。そして、望む人生を生きるのに「良い気分で居る事以上に大切な事はない。」と知りました。自由に、日々の学びや、感じたままを発信しています。

〓結婚・子育て・パートナーシップ💑

【うちの子育て】旦那とわたしの子育ては極と極!我が家の子育て。パートナーシップ。

投稿日:2019年11月19日 更新日:


最近パートナーと喧嘩しまして。

それが、先月プリキュアショーのイベントに行ったときの話にさかのぼるのですが。

 

プリキュアショーが終わると、プリキュアとの握手会というのがあるんですよね。

それで、握手後には策略と言わんばかりに、プリキュアグッズが並ぶお店コーナーがあるんです。

それを見た娘が、欲しい欲しいとねだりまして。

その日は、別の出店で、風船やらがらがらお散歩人形?(風船に車ついてるやつ)やら他の場所で買ってあげていたんですね。

そんなこんなで、娘が欲しいと言って来たのが2000円!!

ぎょえー!!と思い、「今日はたくさん買ったから次にしよう。」と説得しようとしたものの、娘大泣き。。。

 

娘があまりに訴えて来るもんで、わたしは「しょうがないな~」と折れてやりたくなったのですが、

パートナーは、許さんという頑なな様子。。。

しまいには「お誕生日プレゼントが無くていいなら買ってあげる」とか言ってる。


わたし的には、「え—!!そこまで??」と思ってしまう。。。

たった2000円のプリキュアグッズ買うのに、子供の誕生日出してくるのかい!

 

そんなこんなで、娘は「誕生日プレゼントが無くてもいいからプリキュアのバックを買う」にしぶしぶ至ったらしく、プリキュアのバックを買いました。

しかし、娘の誕生日は2か月後。まだ4歳の子供にお誕生日プレゼントと引き換えに、プリキュアのバックって酷じゃない?って感じてしまう。

 

「買ってやったらいいじゃん!!」ってなってしまうわたし。

だって、ぱぱのがちょこちょこアマゾンで買い物してるじゃん。

こどもにはどうしてそんなに厳しいのか。って思っちゃうのです。

「しょうがないな~」って買ってあげる甘いパパではないのです。

 

もやもや。。。

娘も買ってもらったけど、そんな交換条件を出されたし、泣きに泣いて複雑な顔。

欲しかったものを手にしたはいいが、結果、良かったのか、悪かったのか。。。

「しょうがないな~」って楽しく買ってあげたらいいじゃん!!って思うわたし。。。


こうゆうシーンがちょこちょこある私たち夫婦。。

 

わたし的には、主人のお金や、人への厳しさに息苦しさを感じてしまう。

子どもに対しても、「ダメ。ダメ。」と言う事が多い気がしてる。

子ども自身も、お金を使うことに罪悪感を感じてしまう様になるんじゃないかと思うのです。

お金は、もっと楽しく使って良い。と思う。

 

しかし、旦那的には、ガマンを覚えさせないとダメな大人になる。

自分は、小さい時はお金が無くて買ってもらえなかった。

子どもに〇〇〇円は与えすぎだ。

お金を好きに使っていたらいつか無くなる。

うん。常識的にはごもっともだ。子どもを心配するのもわかる。

 

でも、窮屈だ。

 

お金は使っても入って来るから大丈夫。根拠のない安心感。

また稼げばいいじゃん。

だいじょうぶだよ~。

 

っていうわたし。

 

極と極の考えの持ち主同士なのです。

 

ご飯の時も、残さず全部食べなさいの主人と。

お腹いっぱいまで食べたらいいよ~のわたし。

その後に、子供におやつをねだられ、おやつタイムをして叱られるわたし。

食べたいもの食べたらいいじゃ~ん。なわたし。

 

はたから見たら、きっちり旦那と、ずぼら嫁。でしょうか。。

 

この極と極を足して2で割ればちょうどいい。

ある意味バランスがとれている関係なかもしれん。

しかし、窮屈さを感じてしまうわたし。。。

 

わたしのスピリットは、縛られたくない。自由人なのです。

 

主人は常識的に、厳しく育てられていたぽい。

わたしもそれなりに、厳しかった気はする。でも、わたしはもっと自由にしたいという気持ちが強くて。

20代になったら、「わたしを自由にさせて~どっかーん!!」て感じに一人暮らししてしまった。

 

そして、ここ最近、娘の誕生日が近づき、誕生日プレゼントの事にモヤモヤしていた私が、

「誕生日プレゼント買ってあげるんだよね?」と切り出し、

「約束したんだから買わないよ。」という旦那の言葉が返ってきた事に続き、

夫婦のバトルが勃発。

 

旦那的には、「何でも欲しい物を買えないよ。」と娘に言っている。

「欲しいものは手に入る。」と思っているわたし。

あ~本当に違う。

 

一人で子育てしたら、自由に子育て出来るんだろうな。なんて3日くらい考えた。

いろんな縛りに窮屈さを感じてしまう。

もっと自由になっていいのにな。

学校だって行かなくてもほんとはだいじょぶ。

自分の好きなことをまっしぐらにやったらいいよ。

って。

 

現実的な旦那と、自由すぎる私。

 

でも、旦那が「うちはお金なかったから誕生日プレゼント無かった」とか言って提出。

わたし「まじで!?」

え?今買っていいよ。って思った。

 

とりあえず、結果バトルというか、話し合い?の末、旦那が「買っていいよ。」と言ってくれた。

その後も、買ってあげる金額のことでバチバチしましたが。

とにかくうちの夫婦は本当に極と極。

 

とりあえず、旦那欲しいもん買いなよ。って思った。

 

毎回毎回の夫婦の喧嘩は、旦那と私に沢山気付きを与えてくれます。

本当に良くぶつかり合う私たちなのですが、少しづつ理解し合っています。

 

みなさんどんな子育てしてるんですか?

うちみたいにバチバチ壁ばっかりなところ珍しいのかな。

相思相愛な夫婦っているのかな。そんな夫婦になりたいな。

 

MARIKA☆

-〓結婚・子育て・パートナーシップ💑
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【EMMA日記】旦那が理解してくれない。が変わった瞬間。

仕事と、子育ての両立に悩んでた。 子どもの急な休みの時に、仕事をどうするか。 何度もその問題で悩んで、何度も何度も同じ事が来て、今日も同じ事がきた。 こうしたい。が決まっているのに、人目を気にして選べ …

【子育て体験記】赤ちゃんが乳首を吸えない。乳頭補助器と桶谷式母乳外来。Marika☆

赤ちゃんが訳あってお母さんの乳首を吸えないときに、『乳頭補助器』と言う仮の乳首を胸に当てて赤ちゃんにおっぱいを吸わせる事があります。 オススメの乳頭保護器はこちら ピジョン 乳頭保護器 授乳用 ソフト …

プレアデスの話で旦那がドン引きした話。体中にエネルギーが急速循環する音楽。【EMMAの宇宙話】

こんばんは。EMMA(エマ)です。 EMMA(エマ)という名前は、宇宙という意味があるらしいのですが、以前瞑想中に浮かんだワードで、直感的に『これは私の名前だ。』と思いました。 私は、本当に変わってい …

【EMMA日記】母になって感じた。子育てと仕事の両立の難しさ。

  結婚して6年。 子どもが生まれて5年。 子どもを保育園に預けて仕事をする様になって3年。 子どもを産んで、母としての初めて体験を沢山させて貰ったけど、 どんなに頑張っても「難しいなぁ~」 …

子どものインフルエンザ、ノロ、ロタウイルス。ママの仕事何日休む?【宇宙好きが薦める宇宙本】『アルクトゥルス人より地球人へ』【EMMAの宇宙話】

目次1 子どもの体調不良(インフルエンザからのノロウイルス?!)そんな時のママのお仕事事情は大変だ。1.1 子どものインフルエンザってこんな感じ1.2 子どものノロ、ロタウイルスってこんな感じ2 『ち …

《プロフィール》

【プロフィール】

EMMA(エマ)

1985年生まれ。セラピスト。ブロガー。

美味しいカフェオレと宇宙が好き。

夫。娘。息子。4人家族。

内的には『エンパス体質』を持ち、ネガティブな感情を敏感に感じとってしまう性質があった。

物心つく頃から生きづらさを感じ、自己愛を見出せず自己否定を繰り返す。

人生の極限を迎えた32歳、『宇宙理論』に出会い、本当の自分を思い出していく。

“前世の記憶”や、“スターシード”である事、そして『愛と調和を伝える』為にこの地球に転生して来ている事を知り、活動を始める。

 

自分自身を思い出していく事で、自分の抱えていた内的な苦痛が無くなって行き、生きている事への喜びを感じる様になる。

 

経験や、学び、感じた事を自由にブログを通して発信しています。

必要な人々に届きます様に。愛を込めて。

♡past articles♡

♡Category♡